耳活でインプットと時間を増やす「ながら」活用法

暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1日は24時間。これは全ての人に平等に与えられているもの。
移動時間、家事時間、スキマ時間。せっかくなら、「ながら」で学びを得ることができる耳活にこれらの時間を充ててみませんか?
今回はおすすめの活用法をご紹介したいと思います。

ぽんたごん
ぽんたごん

耳活とは聴きながら学ぶ活動のこと。目と両手が空くのが大きな魅力。この特性を活かし、時間を有効に使いましょう!

スポンサーリンク

コンテンツ&アプリ

まずは現在私が耳活で実際に利用している2つのコンテンツを紹介したいと思います。

Audible

画像出典:Amazon

月額1,500円で12万冊以上の本が聴き放題になるAmazonが提供するサブスクサービス。
通常は30日間の無料体験期間となっています。私も実際に体験して気に入り、そのまま続けています。

無料期間終了時に気に入らなければ解約も簡単ですが、日付を過ぎると課金されてしまうので、カレンダーやスケジュールアプリなどで期間終了日時をリマインドすることをお薦めします。

Audibleの魅力は、書籍の多さと比較的新しい本もかなり早くAudible化されることでしょうか?
正直、「もうこの本、Audibleになったの?」と感じるケースが多々あります。

具体的な例を出すと、「夢をかなえるゾウ0 ガネーシャと夢を食べるバク」はまさにそうでした。
本の単価よりAudibleの月額使用料が下回っており、そういった点でもお得感があります。

画像出典:Amazon

ちなみに聴いた本は、Audibleページにあるの「マイページ」でこのように表示されます。
上記はかつて私が聴いた本の一部になります。

聴いている本は雑多ですが主に行動経済学系や心理学系、ビジネス書関係が多いです。
実は洋書系訳本は読書をするのが苦手。オーディブルの方がとっつきやすく感じることもあります。

「新宿鮫シリーズ」のようなエンタメも3冊に1回の割合で聴いています。
小説はナレーションがラジオドラマのような感覚で、聴いてると迫力があり、ハラハラドキドキしたり。
そんな聴き方ができるのも、Audibleの朗読で味わえる魅力のひとつでしょう。

ちなみに「不合理だからうまくいく」は残念ながら読み放題ではなく、有料になります。全てが聴き放題という訳ではなく、一部作品は対象外となっていますので、注意が必要です。

なお、今までに触れたAudibleの各書籍は、毎月記録としてこのブログにも残しています。
下記は公開中の私の本棚になります。
お気に召すものがあれば、手に取ってみてください。

Voicy

画像出典:Voicy

Voicyは無料の音声プラットフォーム。
審査通過率5%という狭き門を通過したパーソナリティが特徴のある配信をしています。コンテンツも広く充実しています。

私はここで主にニュース番組、上記の各インフルエンサーとして活躍されている方々、音楽雑談番組をフォロー。
TwitterアカウントやYouTubeチャンネルを持つ方も多く、一緒にフォローすることで発信の内容を濃く理解することもできます。

Audibleと同様、こちらも専用のVoicyのアプリをスマホにダウンロードして聴きます。PCで聴くことも可能です。

その他のコンテンツ

私はAudibleとVoicyで手一杯で下記のコンテンツは利用できていませんが、いずれも評判が良く、お勧めできるものだと思います。
聴きたいジャンルによってそれぞれ強みがありますので、色々見てみて取捨選択していきたいものです。

audiobook

画像出典:audiobook

audiobookもAudibleと同様、本の朗読聴き放題のサービスです。
こちらは値段が月額625円、無料お試し期間は14日間、聴き放題は約1.5万作品となっています。

よくAudibleと比較されますが、価格面と聴ける作品の量から判断されると良いと思います。
値段はaudiobookの方が安いので、こちらから始める方が手軽かもしれません。

オーディオブック配信サービス – audiobook.jp

Podcast

Podcastも選択肢のひとつに入れて良いと思います。
ラジオと語学系がとても充実している印象です。

スマホに対応しているのは下記の3つです。
いずれもアプリをダウンロードして使います。
内容を見てみて魅力的なコンテンツがあれば、ぜひ検討してみてはいかがでしょう?

◇ Apple Podcasts(iPhone(iOS)のみ)
◇ Spotify(iPhone(iOS)、Android)
◇ Google Podcasts(iPhone(iOS)、Android)

スポンサーリンク

オススメの耳活シチュエーション

平日朝と休日、運転中の3つがオススメの耳活シチュエーションです。
それでは具体的に見ていきましょう。

平日朝

「ながら」ができる平日朝のタスク

①着替え
③食事作り(弁当、朝食)
②食洗器洗い・片づけ
⑤洗濯干し・バスタブ洗い
⑥通勤

着替えをする前にイヤホンを耳に入れ、耳活をスタート。
朝イチは頭が冴えているので内容が入り易いです。

耳活は手を動かすことがメインの作業中がオススメ。
考えたり見たりしている作業をしていると、なかなか頭に入ってきません。

私はAudibleは時間を決めて聴いています。
Voicyは家を出るまでに聴ききれない場合、そのまま通勤中へスライド。
聴き終えたら気分を変え、AmazonMusicで音楽を聴いています。

ぽんたごん
ぽんたごん

夜は疲れもあるので、なかなか頭に入ってきません。
やるのであれば、やはり朝がオススメです。もはや朝活。

休日

「ながら」ができる休日のタスク

①平日朝のタスク全て
②週末にやる掃除:私の場合…水回り(キッチン、洗面台、風呂、トイレ)+掃除機掛け

休日は平日と同じ朝のタスクの他、上記のお掃除タイムを耳活に充てています。

週末にやる掃除の時間はAudibleがメイン。
普段より長時間になるので、飽きたら無理をせず、一旦イヤホンを外すようにしています。
ページが進むので、かなり良い感じになります。

運転中


運転中も耳活をする良い機会です。
ナビとスマホをBluetooth接続し、クルマのスピーカーから音声を出力して聴いています。
この時のコンテンツはVoicyにするかAudibleにするか、気が向いた方を選択しています。

ぽんたごん
ぽんたごん

車通勤の方にもオススメできる方法です!
家族が乗っている時は聴きませんが、1人で運転するときは、殆ど「耳活」状態です。

最近は車用のアレクサ「Echo Auto」を購入したので、そちらでAudibleをリクエストして聴くような場面が増えました。
ハンズフリーで「Audibleを再生して!」と言うだけでOKなので、結構便利ですよ。

スポンサーリンク

イヤホン・スピーカーについて

イヤホン

現在愛用しているのはこちらのAnker Soundcore Liberty Air 2 Pro。
ノイキャンですが外音取り込みモードがあり、家の中ではこちらを使用。

アプリで設定ができます。
家族が話しかけてくるシチュエーションも多いので、この機能があるととても助かります。

通勤の際もこれを使用しており、電車の中ではノイズキャンセリングモードにて使用しています。
比較的安価で音質も良く、個人的には買ってよかったと思っている一品です

Amazon のタイムセール祭りやプライムデー、ブラックフライデーで安くなることが多いので、そのタイミングを狙うと良いかと思います。
私は2021年のブラックフライデーで購入しました。

ノイキャンということであれば少し高価になりますが、iPhoneを使っている人はAirPodsを使うのも良いかもしれませんね。
2022年9月にAirPods Proの第2世代が発表になり、こちらも耳活には「熱い」ツールとなるでしょう。

スピーカー

スピーカーを使いたいという場合は、スマホと接続できるBluetoothスピーカーなら何でも良いと思います。

オススメはスマートスピーカー。
音声出力だけでなく、リマインダーやタイマー、スマート家電と連携しても使えます。
こちらもAmazon のタイムセール祭りやプライムデー、ブラックフライデーで安くなることが多いです。

Amazonのアレクサであればスマホに繋げなくても、「Audibleを再生して」と言えば直接Audibleの読み上げもしてくれます。
アレクサに音声でお願いすれば、1.5倍までなら読み上げ速度のUPも可能です。
先ほど紹介した「Echo Auto」も同様です。
声をかけて1.5倍までの再生が可能です。

家で使うスピーカーを使うなら、個人的には画面のついているEcho Show 5をオススメしたいです。
スマートスピーカー(Amazonのアレクサ)の活用についてはいくつか記事を書きましたので、よろしければこちちらも合わせてご覧ください。

最後に

いかがだったでしょうか?
今回は私の事例も交えて「ながら」ができる耳活について書いてみました。

基本「ながら」ができれば、同じ時間に2つのことができることになります。
同じ時間を費やすなら、1粒で2度美味しい「耳活」でのインプットと学びを強くお勧めします。
私はこれで、めちゃくちゃインプット量が増えた感じがします。

この記事が誰かのお役に立てれば嬉しいです。それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました